一物四価【いちぶつよんか】



1つの土地に、4つの違った価格があることを、一物四価といいます。

地価を評価する場合に、時価(実勢価格)、公示地価(公示価格)、相続税評価額(路線価)、固定資産税評価額の4つの価格があることを表しています。

このように分かれているのは、地価を国や地方自治体、売主や買主などが、それぞれ違った視点や基準から評価しているためです。例えば、実勢価格は実際に取り引きされた価格で、公示価格は正常な価格として国土交通省が公示するものです。マンションの購入など不動産取引の際に直接的に関係するのは実勢価格である時価ですが、そのほかの地価は、相続税や固定資産税などの税金の額を決めるときの基準となるものです。


◆SPONSOR LINK◆

  • アパルトマン風 注文住宅
  • 大阪 注文住宅
  • 三重 一戸建て
  • 平屋 本庄
  • SUB MENU

    おすすめサイト