囲障設置権【いしょうせっちけん】



囲障設置権とは、所有権の異なる2棟の建物の間に空地がある場合、その境界に塀や垣根などの囲障を設置できる権利のことです。

囲障の種類や高さ、費用などは、隣人間の協議によって決めるのが望ましいとされています。費用は原則的には両者の分担になるようです。

なお、この権利はプライバシーの保護を目的としたもので、近所づきあいの拒否を表明するものではありません。


◆SPONSOR LINK◆

  • 自然素材でできた注文住宅愛知
  • 福岡 デザイン
  • 茨城 一戸建て
  • 岸和田 設計事務所
  • 川崎 デザイン住宅
  • 栃木 外皮計算
  • SUB MENU

    おすすめサイト