遺留分【いりゅうぶん】



遺留分とは、相続人に保証された最低限の相続分をいいます。

遺言書を作成すれば、法定相続分とは異なる財産の分配が可能です。しかし、遺言によって相続人の権利が侵害されていた場合など、一定の割合で保証された「遺留分」から、その権利にみあった分が相続できます。

ただし、遺留分は相続人が侵害額を請求(遺留分減殺請求)する必要があります。遺留分の請求は、慰留分の侵害を知ってから1年以内または相続開始から10年以内となります。この間に請求をしなければ、遺言にそった相続が行われます。


◆SPONSOR LINK◆

  • バリ リゾート 家
  • 名古屋 一戸建て
  • 新築 注文住宅
  • 暮らしの設計室
  • SUB MENU

    おすすめサイト