入母屋屋根【いりもややね】



入母屋屋根とは、寄棟屋根と切妻屋根を合わせた屋根の形を言います。母屋鼻が軒線より内側に入っているため、入母屋と呼ばれます。

伝統的な日本家屋で一般的に見られた屋根で、屋根の上部はニ方向に傾斜を持つ山形の切妻屋根の形、屋根の下部は妻部分にも屋根を設けた寄棟屋根の形になっています。屋根に格調があり、戦前の日本家屋でよく見られた屋根です。


◆SPONSOR LINK◆

  • 新築 吹き抜け
  • 愛知 一戸建て
  • 岐阜 一戸建て
  • 太田 注文住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト