一般媒介契約【いっぱんばいかいけいやく】



一般媒介契約とは、媒介契約の一種で、依頼者(売主や貸主)が複数の宅建業者に重複して依頼できる媒介契約をいいます。

依頼者は、1業者に限定することなく媒介を依頼でき、また、自ら取引相手(顧客)を探して売買や賃貸借契約を結ぶこともできます。この契約には、当初依頼した業者に対して、重複して依頼した他の業者に関して、明示する義務があるもの(明示型)と、明示する義務のないもの(非明示型)とがあります。

依頼を受けた業者にとっては、他の業者に対して独占的にその取引の媒介業務を行うことはできませんが、業者間で物件情報を共有することで、物件を探している顧客に対しては、幅広い情報の中から紹介できるというメリットがあります。


◆SPONSOR LINK◆

  • 中二階の部屋
  • 千葉 一戸建て
  • 名古屋 住宅
  • 伊勢崎 注文住宅
  • 山中湖 設計事務所
  • SUB MENU

    おすすめサイト